2chの運営体制の変化と権利侵害書き込みの削除

近年,掲示板サイト「2ch」における書き込みによる名誉毀損・プライバシー侵害が多発しており,書き込みの削除を求める人たちも多い。

2chの書き込みの問題は,2ch本体にとどまらない。2chに書き込まれた情報は,

・ログサイト(2chのログをそのまま保存して掲載しているサイト。要するに,転載サイト。)

・まとめサイト(2chのログを一定程度抜き書きしたり強調して利便性を持たせて掲載しているサイト。転載サイトの類型。)

・アンテナサイト(2ch本体や転載サイトの情報をランキング掲載するなどしているサイト。)

・2ch専用ブラウザ(略して,専ブラ。一旦専ブラ用に独自にログ化されることがあり,2ch本体とは別URLを持つものがある。)

・他の掲示板(bbspink,まちbbs,したらば,爆サイなど)

などへ転載(抜粋を含む)されることが多い。

 

このようなとき,2chの情報が消えた場合でも,必ずしも各転載サイトの情報等が自動的に消えるわけではない。

しかし,逆に,各転載サイト等の情報等が消されても,2ch自体の情報が消されなければ,名誉毀損・プライバシー侵害の根源が絶たれたとはいえない。

そこで,2chの書き込み(レス。場合によってはスレッドごと)の削除をいかに実現するかの問題に直面する。

 

これについては,これまで,削除依頼板や削除要請板等で,2ch独自の依頼方法に基づいて申請すれば,2ch独自の基準に基づき,自主的な対応が取られることがあった。

また,2chが自主的な対応を取らないものであっても,たとえば,裁判所が仮に削除するよう2chの運営会社(シンガポールにあるパケットモンスターなんちゃらという会社。ダミー会社。)に対し仮処分命令を発した場合には,それを用いて2ch独自の依頼方法に基づいて申請すれば,比較的早期の削除をしてもらえていたようである。

しかし,である。ここから先,非常におおまかな話でやや正確性を欠くが,私なりに大まとめにして書く。

最近,2ch(より正確に言うと,2ch.net)のドメインを管理しているアメリカの会社(人物)が2ch.netの運営権を主張し始めるということがあった。これまでは,2chは,名誉毀損やプライバシー侵害等による民事刑事両面の責任を負いたくないがために,日本法による責任追及を回避しようとして,上述のようにシンガポールにダミー会社を置いたり,アメリカにサーバーを置いたりしていたのだが,2chの収益構造(ログ販売や規制回避用ID販売)に関しての内輪もめがあり,アメリカ側に乗っ取りをされた形のようである。「ようである」,というのは,2chの過去のやり方からして,関係者がいろんな役回りを演じて,表向きそういうストーリーを取っている場合もあるから,客観的に断言はしがたいということである。

こうして,アメリカ側が2ch.netの運営を仕切り始めた形になったので,削除の関係では,裁判所がいくらシンガポールのダミー会社に対して削除の仮処分を出しても,アメリカ側はそれを見て削除することはない(または,それまでの運営がボランティア集団を組織して削除まわりをやらせていたところ,指揮者がいなくなったため,裁判所の決定を受けて削除まわりをする役目の者がいなくなった)。

このことで,2ch.netの書き込みで名誉毀損やプライバシー侵害等を受けている人たちがいくら裁判所で削除を認める決定を得たとしても,それが実行されずに溜まっている,それも2ch.netの掲示板上に,削除を求める書き込みばかりが残存し,より名誉毀損やプライバシー侵害の状況がひどくなってしまっている状況がある。

また,2ch.netの乗っ取りがあって,2chの創設者であるひろゆきこと西村博之氏が,我こそが2chの所有者であると主張を強め,2ch.scという2ch.netの内容をすぐに反映させるサイトを作って対抗している状況である。

上に書いたように,こんな劇のようなものをネット上で公開してやる必要性は疑問であり(ネット世論を味方に付けるためにやっている面が大きいのだろうが),「わざとらしい」感じもある騒動である。ただ,名誉毀損やプライバシー侵害を受けている人は,一刻も早くどうにかしたいとの思いを持っているだろう。

そうは言っても,こういうところに首を突っ込んだら,痛みも大きいというのも周知の通り。

今後は,この状況に,いつ,どのような形で突破口が見えるかが焦点だろう。

The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です